ダイエット・筋トレ

代替肉とは?肉の代わりになる加工食材の紹介

欧米諸国ではすでに普及が進んでいる代替肉についてご存知でしょうか。

日本にはベジタリアンやヴィーガンといった人々が比較的少ないためあまり注目されていなかったのですが、日本でも代替肉の普及が急速に進んでいます。

環境問題の解決のために取り入れられたとされていますが、健康食としての期待も高まっています。

本記事ではそんな代替肉について簡単に紹介していきます。

この記事の監修者

earth meat 編集部


代替肉の種類

代替肉の種類
ヴィーガンやベジタリアン、健康志向の方が肉の代わりに使用する代替肉は大きく分けて3種類。

  1. 培養肉
  2. 植物性代替肉
  3. 昆虫

それぞれについて、詳しく掘り下げます。

培養肉

食肉不足の解決に一役買い、肉の代わりとなるのが「培養肉」です。クリーンミートともよばれ、持続可能な肉として関心を集めています。

動物の細胞を使って生み出す培養肉は、体外で行う組織培養により作られる代替肉。今までの家畜飼育と比べて地球環境への負荷が小さく、飼育のための広い土地が必要ありません。
工業型畜産のように動物に負担を与えず、クリーンミートの名前が表すように厳密な衛生管理も行えます。

肉の代わりとなる培養肉が注目を浴びたのは、2013年。オランダにおける研究チームが手掛けた培養肉のハンバーガーが公表されました。

参照元:世界初の人工肉バーガー、ロンドンで試食会開催へ|AFPBB News

以来、数々の研究チームや企業グループが実用化に向けて改良を行っています。

費用や食感など問題があるものの、培養肉は持続可能な肉として発展が期待されています。

植物性代替肉

肉の味や食感を目指して再現されたのが、植物性代替肉です。肉の代わりに大豆や小麦といった植物由来の原料で作られています

元々はカップ麺などのミンチ肉として使われていた植物性代替肉ですが、昨今ではヴィーガンブームや健康志向、環境保護、食糧問題の観点から「肉の代わりになる」として注目を集めるようになりました。

植物性代替肉は見た目や食感が肉に似ていて、料理にも使いやすい食材。ハンバーグや唐揚げなどにも使えます。
有名チェーン系飲食店でも使われており、例えばモスバーガーではソイパティを使ったソイバーガーが気軽に購入できます。

参照元:ソイパティの開発 | 商品へのこだわり | モスバーガー公式サイト

代替肉の中でも比較的身近な存在である植物性代替肉は、ヴィーガンの方だけでなく食品業界も注目する食材です。

昆虫

肉の代わりとなるたんぱく源として関心を向けられているのが昆虫。栄養価が高く環境負荷も少ない昆虫は、肉の代わりとして世界中で研究されています。

例えばコオロギは環境負荷が少なく、たんぱく質が非常に豊富。牛や豚といった畜産に比べて輸送が簡単な上、可食部が100%というメリットが挙げられます。(牛や豚などの可食部はおよそ40%)

参照元:実は超効率的なスーパーフード! 昆虫食文化が世界で広まるワケ | EMIRA

日本ではさまざまな企業が昆虫食に乗り出しています。無印良品ではコオロギチョコやコオロギせんべいを販売。そのまま食べると見た目にインパクトがあるため、食べやすいよう粉末にしてお菓子に混ぜ合わせています。

参照元:コオロギが地球を救う?|コオロギチョコ・コオロギせんべい | 無印良品

たんぱく質が豊富なだけでなくメリットもたくさんあり、世界レベルで関心が高いのが昆虫です。

お肉の代わりになる加工食材

お肉の代わりになる加工食材
肉の代わりになるものは代替肉だけではなく、実は身近な食材にもあります。
お買い求めやすく、おかずにも使いやすい肉の代わりとなる加工食材を5品ご紹介します。

大豆ミート

ヘルシーで味も良く、料理にも使いやすいのが大豆ミート。大豆を肉のように加工した食材で、LIKE CHICKEN!?も大豆ミートの一種です。

肉を使っていないのに食べ応えのある大豆ミートは、製造の際に油分を取り除くことでヘルシーに。コレステロールを含んでおらず高たんぱくで、健康にも嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。

▼大豆ミートの成分の一例

  • 食物繊維
  • ポリフェノールの一種である大豆サポニン
  • ビタミン
  • 大豆イソフラボン

大豆ミートは肉の代わりとして料理に使いやすい食材。ヘルシーなのに食べ応えのあるボロネーゼや、野菜がたっぷり取れるキーマカレーといった、さまざまな料理に利用できます

普段の食事にも取り入れやすいのが大豆ミートです。

グルテンミート

小麦たんぱくをメインにブロック状に加工されたものが、グルテンミート。
セイタン(「生蛋」「正蛋」」)とも言われる、小麦粉をメインとした肉の代わりになる食材です。
元々は日本発祥だったのですが、海外のヴィーガンの方をはじめとした人々に流行り、逆輸入されました。

グルテンミートは動物由来の素材を含んでいなくとも、たんぱく質が豊富。炒め物や揚げ物といった肉料理を作る際、肉の代わりとして使えます。
ただしグルテンミートは味が付いていません。下味をしっかり付けることで、より肉の味に近づけます。

たんぱく質がしっかり取れるだけでなく、肉と比較して脂質もかなり低いのがグルテンミート。料理で使いやすく噛み応えと満腹感も得られるため、重宝する食材です。

豆腐

肉の代わりの食材で身近なものと言えば、豆腐です。大豆由来の豆腐はたんぱく質が豊富で、カルシウムも多い食材。お馴染みの食材のため、肉の代わりとして取り入れやすいでしょう。

ただし豆腐の食感は、そのまま食べると肉とは異なるものです。また豆腐のまま食べ続けると、どうしても飽きが来てしまいます。

飽きが来ないように工夫をするのなら、「冷凍豆腐」がおすすめ。豆腐を凍らせることで、食感がより肉に近づきます。凍らせる手間を省きたい時は高野豆腐を使うと良いでしょう。

高野豆腐は豆腐と同じくたんぱく質が豊富で食感が肉に近く、お手頃価格の食材。細かくしてそぼろ丼風にしたり、唐揚げにしたりするなどして食べられます。

豆腐や高野豆腐は、肉の代わりとして使いやすい食材です。

植物性たんぱく質を含み、自然の素材のみで作られた食材が麩です。カロリーも低くヘルシーな食材として、アメリカでも注目されています

麩は植物性たんぱく質に加え、数々のミネラルも含んだ健康に嬉しい食材です

グルテンを利用して作られる麩は、大きく分けて2種類。

  • 焼き麩:小麦粉と混ぜて焼き上げる
  • 生麩:もち粉と合わせて茹でるか蒸したもの

その他に地域によって、フランスパンに似た「仙台麩(油麩)」や、新潟県などで食べられる「車麩」をはじめ、非常に多くの種類の麩があります。

水気が染み込む焼き麩は汁物や煮物などに、もっちりとした食感が楽しめる生麩は焼く・揚げるといった調理で食べるのがよいでしょう。

テンペ

インドネシアで生まれ親しまれている食材がテンペ。大豆発酵食品の一つであり、肉の代わりとして利用できる加工食材です。インドネシアでは宗教上の理由から、肉の代わりに食べている方もいます。

テンペは納豆ほど匂いや味が強くないため、料理に使いやすいのが特徴。食物繊維やイソフラボンといった栄養素も含んでおり、体にも嬉しい食材と言えるでしょう。

癖のないテンペは和・洋・中といった料理だけでなく、和菓子やケーキにも使える便利な食材です。
肉の代わりにテンペを使ったハンバーガーや、甘辛くしたテンペの照り焼きなどバリエーション豊かな料理が楽しめます。

発酵食品ながらも癖がなくて使いやすいのが、肉の代わりとして活躍するのがテンペです。

まとめ

代替肉はダイエットや健康志向だけでなく、環境問題や食糧問題も含め注目を集めている食材です。

肉の代わりに代替肉を取り入れるのなら、今回ご紹介した加工食材や、大豆ミートのLIKE CHICKEN!?を利用するのもおすすめ。
大豆ミートなら味や食感が肉に近くて取り入れやすく、健康に気遣う方も気軽に利用できます。
自身に合う肉の代わりとなるものを選んで、食事も楽しめる健康的で環境にも優しい生活を送ってみてはいかがでしょうか。

>>earthmeat LIKE CHICKEN!?

おすすめの関連記事

運営者情報

運営会社
原田産業株式会社
住所
大阪府大阪市中央区南船場2丁目10−14
お問い合わせ
contact@earthmeart.jp
会社概要
https://www.haradacorp.co.jp/company/