大豆ミート

大豆ミートの手作りの方法!使い方も紹介

脂質を抑えたい、お肉を控えたいといった理由で、大豆ミートを日々の食事に取り入れようと考えている方が増えています。

今回は、手作り大豆ミートのレシピをご紹介。
手作り大豆ミートを使った料理のレシピもご紹介するので、ぜひお試しください。

この記事の監修者

earth meat 編集部


手作り大豆ミートの基本レシピ

では、手作り大豆ミートの作り方をご紹介します。

・材料
豆腐1丁(絹でも木綿でもお好みで)

・作り方

  1. 豆腐の水分を切り、8等分にカットします。
  2. バットなどに並べて冷凍します。
  3. 冷えて固まったら、電子レンジで1〜2分解凍します。
  4. 粗熱を取り、絞って水分を抜きます。この時、やけどに注意してください。
  5. 大豆ミートの完成です。ポリ袋に入れて崩せば、そぼろ状の大豆ミートになります。

よりお肉に近づけるには、凍らせた後にしっかり水分を抜くことが大切です。
さらにお肉に近い大豆ミートを作りたい場合、3.の工程で電子レンジにかける時間を3分、豆腐を裏返してさらに3分としっかり加熱しましょう。

手作り大豆ミートのメリット

市販の大豆ミートと比べて、手作り大豆ミートには次のメリットがあります。

・添加物を使わないので安心
市販の大豆ミートの中には、保存料や着色料、乳化剤といった添加物を使っているものも。
自宅で手作りする大豆ミートなら、添加物を使わず作ることができます。

・卵を使わないので、ヴィーガンやアレルギーの方にも
市販の場合、卵を使用している大豆ミートもあります。
ヴィーガンやアレルギーなどの理由で卵が食べられない方は、豆腐だけで作れる手作り大豆ミートがおすすめです。
動物性食品を使わず脂質が少ないため、脂質制限をしている方にもぴったり。

・材料費が安い
手作り大豆ミートの材料は豆腐だけなので、材料費の安さも魅力です。
ただし、市販の大豆ミートは手作りに比べてやや費用はかかるものの、よりお肉に近く、調理の手間が省けるといったメリットもあります。

手作り大豆ミートを使ったレシピ例

手作り大豆ミートを使ったレシピ例
では、手作り大豆ミートを使ったレシピを3つご紹介しましょう。

レシピ例①:おつまみグリル

レシピ例①:おつまみグリル
1人前

材料 分量
手作り大豆ミート 適量
お好みのタレ 適量
小ねぎ 適量
糸唐辛子 適量
  1. 手作り大豆ミートをグリルで焼く。
  2. 焼肉のタレなど、お好みのタレと薬味をつける。

レシピ例②:チヂミ

レシピ例②:チヂミ
1人前

材料 分量
手作り大豆ミート 20g
にんじん 1/6個
ニラ 0.5束
卵【A】 0.5個
米粉【A】 25g
片栗粉【A】 大さじ1
水【A】 50cc
鶏ガラスープ顆粒【A】 小さじ1/2
おろし生姜 適量
しょうゆ 適量
コチュジャン 適量
  1. 玉ねぎ、にんじんは千切りにする。
    ニラは3cm程度にカットする。
  2. 【A】をボウルに混ぜ合わせ、1.の野菜を加える。
  3. フライパンに油(分量外)を熱し、2.をフライパン全体に広げ、上に手作り大豆ミートを薄く裂きながら全体にのせる。
    押し付けるようにしながら焼き、火を通す。
    裏面も同様に焼く。
  4. おろし生姜をしょうゆに混ぜ、お好みでコチュジャンをつける。

レシピ例③:レモンマスタードサラダ

レシピ例③:レモンマスタードサラダ
1人前

材料 分量
手作り大豆ミート 17.5g
赤玉ねぎ 10g
にんじん 17.5g
じゃがいも 1個
菜種油(揚げ油) 適量
水菜 5g
レモンスライス 1/4枚
ハチミツ 大さじ1/4
マヨネーズ【A】 12.5g
レモン汁【A】 大さじ1/2
粒マスタード 大さじ1/4
塩【A】 小さじ1/8
ホワイトペッパー【A】 少々
レモンの皮 適量
  1. レモンスライスにハチミツをかけてしばらく置き、レモンシロップを作る。
  2. 赤玉ねぎはスライスし、バットなどに広げて空気にさらし、辛味を抜く。
    にんじんは細切りにし、ラップに包みレンジで1分加熱する。
  3. じゃがいもは皮をむいて8等分にカットし、水にさらす。
    水気を切って、耐熱容器に入れてラップをし、火が通るまでレンジで加熱する。
    水気を拭き取り、170℃の油で素揚げし、油を切り冷ます。
  4. 手作り大豆ミートはサッとゆでて、水気を切り、細く裂く。
    水菜は3〜4cmにカットする。
  5. 調味料【A】の材料を混ぜ合わせ、細かく刻んだレモンの皮、1.のレモンシロップを加える。
  6. 全ての具材を合わせ和える。

もっと美味しく食べるならLIKE CHICKEN!?がおすすめ!

もっと美味しく食べるならLIKE CHICKEN!?がおすすめ!
大豆ミートは豆腐があれば作れますが、冷凍庫に置く時間や水分を抜く手間を考えると、あまり手軽とは言えません。

また手作り大豆ミートはお肉に比べると柔らかく、塊では「お肉のような食感を得られない」と感じる方もいるかもしれません。

「毎日の料理で手軽に使いたい」「よりお肉に近い大豆ミートが食べたい」という方には、LIKE CHICKEN!?がおすすめです。

LIKE CHICKEN!?は冷凍でお届けし、自然解凍またはレンジ解凍後すぐに調理可能です。
必要な時にすぐ使えて、毎日の料理に手軽に取り入れられます。

さらに、手作り大豆ミートでは再現が難しい、しっかりとした歯ごたえや繊維感を感じられます。

動物性原料、着色料、保存料を使用していないので、ヴィーガンの方にも安心。

大豆ミートを手間なくおいしく味わえるLIKE CHICKEN!?は、150gから購入可能です。

まとめ

豆腐だけで作れる手作り大豆ミートは、添加物が気になる方やヴィーガンの方におすすめです。

ただ、毎回手作りするのは手間に感じて、大豆ミートを食べる習慣が続けられない可能性もあります。
また塊で食べると、人によってはあまりお肉らしさを感じられないかもしれません。

「添加物も動物性食品も使わず、手間もかけずおいしい大豆ミートが食べたい」
そんな願いを叶えるのが、LIKE CHICKEN!?です。

解凍するだけですぐ使えるLIKE CHICKEN!?なら、大豆ミートを食べる習慣を無理なく続けられるでしょう。

>>earthmeat LIKE CHICKEN!?のご購入はこちら

おすすめの関連記事

運営者情報

運営会社
原田産業株式会社
住所
大阪府大阪市中央区南船場2丁目10−14
お問い合わせ
contact@earthmeart.jp
会社概要
https://www.haradacorp.co.jp/company/