菜食主義

植物性食品とは?人気の理由と健康面のメリットについて

「脱ミート」が世界的に叫ばれていることをご存じでしょうか?そして、肉に代わる食品として「植物性食品」に注目が集まっています。この記事を読むことで、なぜ、いま肉ではなく植物性食品が求められているのかを理解することができます。明るい未来のために、ぜひ参考にしてみてくだい。

この記事の監修者

earth meat 編集部


植物性食品が注目される理由

「植物性食品」が脚光を浴びているのは、「健康志向の高まり」や「SDGsの観点」の二つがあります。

日本においては、健康維持のために「野菜は一日に350g以上、果物は200g程度食べましょう」と推奨されているのです。しかし、毎年野菜や果物の摂取不足が課題となっており、植物性食品に注目が集まっています。

植物性食品は、低脂肪・低エネルギーでありながら“かさ”が多いため、満腹感が得られやすくダイエッターにとっても嬉しいポイントです。

また、肉に比べて生産性の高い植物性食品は、人口増加による食糧不足や環境問題を解決する一手としても注目されています。

動物性食品と植物性食品の違い

動物性食品と植物性食品の違い
私たちの体をつくるタンパク質は、「動物性」と「植物性」の二つに分けられます。この二つは以下のような違いがあります。

アミノ酸による違い

肉や魚などの動物性食品は、人間の体に不可欠な「必須アミノ酸」をすべてバランス良く含む食品であり、「良質なタンパク質」と呼ばれます。

一方で、野菜などの植物性食品は、「必須アミノ酸」の質や量にムラがあり、食べたあとに体内において体をつくる材料として使われないまま、排泄されてしまう食品も少なくありません。

脂肪酸による違い

動物性食品に多く含まれる「飽和脂肪酸」はとり過ぎに注意が必要な脂です。

一方で、植物性食品は低脂質の食品がほとんどです。例外として「森のバター」と称されるほど脂質が多いアボガドがありますが、こちらは「オレイン酸」という脂肪酸で、健康維持のため積極的に摂るように推奨されています。

ビタミンによる違い

野菜などの植物性食品には、ビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。しかし、「ビタミンB群」や「ビタミンA」などは不足しがちなビタミンです。

一方で、「ビタミンB群」は豚肉やマグロなどに多く、「ビタミンA」はレバーに豊富に含まれているなどの違いもあります。

食物繊維量による違い

植物性食品である野菜・果物・雑穀・豆類・海藻類には「食物繊維」が豊富に含まれています。
しかし、肉や魚といった動物性食品には、食物繊維はほとんど含まれていないのです

植物性タンパク質のメリット

「植物性タンパク質」をよく摂る人ほど、健康的な生活を維持していけることが研究結果としてわかっています。また、赤肉を植物性タンパク質に置き換えることで、将来のリスクを減らすことができるのです。
さらに、加工肉を植物性タンパク質に置き換えることで、よりイキイキとした生活が長続きすることも明らかになっています。

植物性タンパク質を含む食品について

植物性タンパク質を含む食品について
「植物性タンパク質」といえば、大豆や大豆製品を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
じつは、その他の植物性食品にもタンパク質を含んでいるものがたくさんあるので、参考にしてみてください。

大豆

大豆(茹で)100gあたりーのタンパク質含有量は、14.8gです。
大豆は、「畑の肉」といった異名を持つほど栄養価に優れた食品であり、「良質なタンパク質」として、人間の体内ではつくり出すことができない必須アミノ酸がバランス良く含まれている優秀なタンパク質源です。

豆腐

豆腐(木綿)100gあたりーのタンパク質含有量は、7.0gです。
大豆製品の代表格ともいえる「豆腐」は、大豆と同様に高たんぱく低カロリーの食品です。ベジタリアンやダイエット中の人も安心して食べられることから「TOFU」として世界中で親しまれる食材となっています。

ブロッコリー

ブロッコリー(茹で)100gあたりーのタンパク質含有量は、3.9gです。
タンパク質の他にも、カリウムやビタミンC・葉酸・β-カロテン・ビタミンKを豊富に含んでおり、私たちの健康維持に欠かせない栄養素がギュギュっと詰まっています。

アスパラガス

アスパラ(茹で)100gあたりーのタンパク質含有量は、2.6gです。
タンパク質の含有量はそれほど多いとは言えませんが、アスパラに含まれる「アスパラギン」という栄養素は、体内で「アスパラギン酸」というアミノ酸に変わり、新陳代謝を活発にしてタンパク質をつくるサポートをします。疲れているときにおすすめの食材です。

枝豆

枝豆(茹で)100gあたりーのタンパク質含有量は、11.5gです。
枝豆を収穫せずにそのまま育てていくと大豆になります。つまり、大豆になる前の若サヤが「枝豆」です。若くても大豆と同じように「良質なタンパク質」が含まれており、カロテンやビタミンC・葉酸・カリウム・カルシウムといった栄養素を豊富に含んでいます。栄養価の高さから海外でも人気があり「EDAMAME」として認知が広まっているのです。

そば

そば(茹で)100gあたりーのタンパク質含有量は、4.8gです。
そば粉のタンパク質には必須アミノ酸の一種であるリジンが豊富に含まれています。リジンは、私たちの主食である「ごはん」にはあまり含まれていない必須アミノ酸です。そばを食事にとり入れることで、食事全体としてのアミノ酸バランスを良くして、質の良いタンパク質を補給することができます。

鉄やマグネシウム・カリウム・リンといったミネラル類が他の雑穀に比べて格段に多く、さらにビタミンB1やビタミンB2も含まれています。また、そばに特徴的な「ルチン」は、毛細血管を強くして、血圧を下げるはたらきがあるのです。

アボガド

アボガド(生)100gあたりーのタンパク質含有量は、2.1gです。
アボガドは「森のバター」とも呼ばれる脂質の多い“果物” ですが、タンパク質も含まれています。アボガドに含まれる脂肪はノンコレステロールであり、オリーブオイルの主成分でもある「オレイン酸」が豊富に含まれているのです。

植物性タンパク質の大豆ミートがおすすめ!

大豆ミートに含まれる「大豆タンパク」はダイエットに燃える方におすすめの栄養成分です。
そのほか、脂っこい食事が好みの方や濃い味が好みの方いつまでも年齢に負けない体づくりをしたい人におすすめの健康食品です。

まとめ

earthmeatの「LIKECHICKEN!?」は、「健康」と「美味しい」を叶える大豆ミートです。
動物性の原料は使っておらず、コレステロールフリーでありながらジューシーさも味わうことができます。また、大豆ミートとは思えない食べ応えのある食感で、鶏肉のさけるような繊維感も表現されているのです。

冷凍タイプなので、使いたい分だけサッと取り出して、湯戻しの手間なく調理することができ、焼く・茹でる・煮る・揚げるなど、お肉と同様にお使いいただけます。ぜひearthmeatの「LIKECHICKEN!?」を食卓にとり入れて、サステナブルな未来をつくりませんか。

>>earthmeat LIKE CHICKEN!?

おすすめの関連記事

運営者情報

運営会社
原田産業株式会社
住所
大阪府大阪市中央区南船場2丁目10−14
お問い合わせ
contact@earthmeart.jp
会社概要
https://www.haradacorp.co.jp/company/