大豆ミート

大豆ミートを使用したヘルシーおつまみレシピ【ダイエットにおすすめ】

高タンパク・低カロリーの「大豆ミート」は、ワインやビールなどのお酒のお供として相性抜群です。大豆ミートは、お肉のような味わいで満足感もありながら、食物繊維やビタミン・ミネラルといった体にうれしい栄養素を豊富に含んでいます。今回ご紹介する10のおすすめレシピは、ヘルシーにする工夫やポイントが満載です。大豆ミートの魅力についても改めて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者

earth meat 編集部


大豆ミートを使ったヘルシーおつまみレシピ例10選

大豆ミートを使ったヘルシーおつまみレシピ例10選

こちらでは、お酒に合うヘルシーなおつまみレシピを10個厳選してご紹介します。

 

塩レモン炒め

あっさりしたおつまみが欲しいときにおすすめのレシピです。もやしや玉ねぎ・ニンジンなど家にある野菜でパパッと作ることができます。レモンに含まれるクエン酸は疲労回復と食欲増進効果があるので、夏バテ解消にもよいでしょう。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

 

グリルと野菜のピンチョス

パーティ料理にぴったりなオシャレおつまみです。グリルした大豆ミートにスイートチリソースを絡めて、スライスして素揚げした長芋や、大根の上に置き、ピックで刺していただきます。長芋や大根には消化酵素のアミラーゼが含まれているので、糖質の消化を促し、胃腸の働きをサポートします。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

チヂミ

もっちり食感がたまらない!タンパク質と野菜の補給ができるグルテンフリーなおつまみです。つなぎには、米粉と片栗粉・卵を使用しています。ビタミンAを多く含むニラとにんじんがたっぷり入っているので、抵抗力アップが期待できる心強いおつまみです。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

カツ

食べ応えは抜群、罪悪感は半分のヘルシーカツです。カツは、低カロリーの大豆ミートに山芋・小麦粉・味噌などを加え、カサ増しして揚げています。山芋は、「レジスタントスターチ」という消化されずに大腸にまで届くでんぷんが含まれており、便秘に効果的です。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

唐揚げ南蛮風

甘酸っぱいタレが絡んだ唐揚げと素揚げ野菜が食欲をそそる一品です。使用されている大豆ミートやブロッコリー・カリフラワー・パプリカ・オクラなどは、食物繊維が豊富に含まれています。また、大きめにカットした食材もヘルシーポイントです。良く噛むことで満腹感を得られやすくなります。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

酢豚風

一般的には、こってりした味わいの酢豚ですが、こちらの酢豚風はヘルシーポイントがいっぱいです。唐揚げに低カロリーの大豆ミートを使い、衣にはキレイの味方であるアーモンドミルクや免疫力を高める練りゴマを混ぜています。また、レンコンやタケノコなどの野菜は素揚げせずに、下茹でしてカロリーを抑えるなど細かい工夫が満載です。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

塩唐揚げ

材料がシンプルで、あっさりと食べられる塩唐揚げです。お肉の唐揚げは冷めると脂が固まって味が落ちます。一方で、大豆ミートの唐揚げは冷めても油が固まることなくおいしく食べられるので、お弁当にもおすすめです。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

エリンギと大豆ミートの唐揚げ

ヘルシーな大豆ミートと食感の良いエリンギの唐揚げです。練りゴマとにんにく・しょうが・しょうゆ・みりんでしっかりと具材に下味をつけてから、片栗粉をつけて揚げています。練りゴマは健康効果だけでなくコクをプラスするので、絶妙な味わいになり箸が止まらないおいしさです。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

ごぼうサラダ

食物繊維がたっぷりのごぼうを1本丸ごと使ったごぼうサラダは、味噌マヨと白ゴマがたっぷりです。味噌は免疫システムを整える乳酸菌を含み、ゴマには若々しさを保つ健康成分セサミンが含まれています。さらに、大豆ミートでタンパク質補給もできる健康サラダです。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

煮物

具材を切って煮込むだけの簡単レシピです。お正月のお煮しめにもおすすめの煮物は、カツオだしがたっぷり染みています。隠し味にオイスターソースをプラスして、うまみとコクが加わり奥深い味わいです。

詳しいレシピはこちらをクリックしてご覧ください。

大豆ミートとは

大豆のタンパク質を主原料として、お肉に似せて作られた加工食品です。栄養価が高く、年々おいしさもパワーアップしています。以前は、肉を食べないヴィーガンやベジタリアンの方々が使うことが多かったですが、最近は健康のために食卓に取り入れる人が増え、人気を集めているのです。

大豆ミートの魅力

大豆ミートの魅力

世界中で注目されている大豆ミートは、数えきれないほどの魅力がいっぱいです。
そのなかから、今回は3つの魅力をお伝えします。

多様な栄養素

大豆ミートは、現代人が積極的に摂取したい栄養素が豊富に含まれています。
おもな栄養素は、以下のとおりです。

●「植物性タンパク質」
大豆ミートに含まれる植物性タンパク質は、コレステロールフリーで、体内で効率よく利用される“良質なタンパク質”です。

●「ビタミンB群」
 大豆ミートに豊富に含まれるビタミンB群は、忙しい現代人は積極的に摂るべき成分です。水に溶けやすい性質があるので、一度にたくさん摂取しても尿として排出されてしまいます。そのため、毎食補給したい栄養素です。

●「ミネラル」
大豆ミートには、 日本人に不足しがちな鉄・亜鉛・・カルシウム・マグネシウムといったミネラルが豊富に含まれています。普段の食事に大豆ミートをとり入れることで、簡単に栄養バランスを整えることができるのです。

●「食物繊維」
食物繊維は、日本人に不足しがちな成分であり、肉や魚にはほとんど含まれていない成分です。大豆ミートは食物繊維が豊富に含まれており、朝のスッキリ習慣をサポートします。

長期保存が可能

大豆ミートは、おいしさが長持ちするので、ストックしておくと便利です。商品によって賞味期限はまちまちですが、だいたい12か月~18か月の商品が多く販売されています。そのため、災害用の備蓄食としても人気です。

ダイエットに最適

大豆ミートは低脂質・低カロリーで、お肉に比べるとカロリーが1/4~1/2ほどです。そのため、普段のお肉料理を大豆ミートに置き換えるだけで、カロリーダウンを図ることができます。大豆ミートはタンパク質が豊富なうえ、お肉には含まれない食物繊維が多く含まれるので、栄養バランスも整いやすく、健康的なダイエットの強い味方です。

まとめ

大豆ミートは、低カロリーでありながら現代人が積極的に摂りたい栄養素がギュギュッと詰まっている優秀な食品です。お肉の代わりに使うだけでヘルシーなおつまみを作ることができ、より健康的にお酒を楽しむことができるでしょう。

また、長期保存ができる点や冷めてもおいしい料理を作ることができるため、お弁当や常備菜づくりにも適しています。忙しい日々の健康を使い勝手の良さからもサポートしてくれるので、ぜひあなたの食生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

LIKE CHICKEN!?のコラムでは、「高タンパク質・低脂質の食品を紹介!選び方やおすすめの調理法」や「ヴィーガンとは?定義やベジタリアンとの違いについて」など、からだや地球のことを考えた食生活を応援する幅広い記事を公開しています。

気になる方は、「おすすめの関連記事」や「人気記事」からぜひチェックしてみてください。

おすすめの関連記事

運営者情報

運営会社
原田産業株式会社
住所
大阪府大阪市中央区南船場2丁目10−14
お問い合わせ
contact@earthmeart.jp
会社概要
https://www.haradacorp.co.jp/company/